Windyは薬袋や在庫、調剤過誤防止システムなどの調剤薬局・医療機関向けのシステムを開発、販売するソフトメーカーです。

お問い合わせ:Windy 電話番号:092-417-1007
散薬監査システム
ホーム製品紹介調剤薬局向けシステム > 散薬監査システム
散薬監査システムについて

散薬計量の誤差を防ぐ

薬局業務で注意しなければならないのが調剤過誤です。
小児科などで処方される計量混合を必要とする散薬は、目でみるだけでは薬品名・用量の監査が出来ません。
安心して散薬の監査が行えるようにWindyがサポートします。

体重をもとにした適量チェック

マスタに登録した患者様の体重に対して、調剤する内容の薬品量が適切であるかどうかのチェックを自動で行います。
用量が適切でないと判断した場合は注意画面が表示されます。

より正確な使用量の管理

月・日単位での散薬使用量が薬品毎に集計出来ます。このデータをもとに発注や集計などにご利用下さい。
また、使用量は小数点第二位まで管理できます。

レセコンとの連動がより正確さを向上

レセコンとの連動をする事により、入力データとの比較照合も可能となります。しかも、プリントアウトされる用紙には患者様の名前も記載される為、投薬後の問い合わせにも確かな自信を持って対応出来ます。
また、Windyの受付システムとの連動も可能な為スキャナさせた処方箋をコンピューターの画面に表示させて調剤する事も可能です。
ページの先頭へ
散薬監査システムの主な流れ

データ受信

レセコンデータ受信
レセコンからのデータを受信します。

注)レセコンとの連動がなくてもお使いいただけます。

薬品の読み込み

薬品をバーコードで読み込む
バーコードリーダーにて薬品を認識させます。

散薬を計量

電子秤にて散薬を計量
電子秤を使用して散薬を計量します。

内容を画面で確認

画面にて計量内容を確認
画面には、薬品名、計量した薬品量が表示されます。

調剤完了

調剤した内容をプリントアウト
調剤の内容をプリントアウトします。
レセコン連動の場合は患者様の氏名も表示されます。
ページの先頭へ