Windyは薬袋や在庫、調剤過誤防止システムなどの調剤薬局・医療機関向けのシステムを開発、販売するソフトメーカーです。

お問い合わせ:Windy 電話番号:092-417-1007
処方箋受付システム
ホーム製品紹介調剤薬局向けシステム > 処方箋受付システム
薬袋・手帳・薬情発行システムの特長(病院・診療所向け)

待ち時間短縮というサービスの向上

患者様から選ばれる薬局になる為に、「待ち時間が短い」という印象はとても大きな武器になります。
患者様との対話の時間を大切にする薬局でも、投薬までの時間を短縮する事により、 今まで以上に丁寧で心のこもった投薬が出来るのではないでしょうか?
Windyの処方箋受付システムはそんな思いを込めて開発されました。

処方箋を受付けたらまずスキャナ

レセコン入力と調剤業務を同時進行させる事が時間短縮の第一歩となります。

処方箋を受け付けたらまずスキャン。マルチディスプレイに映し出された処方箋を見ながらレセコン入力を行うのか、 プリントアウトされた処方箋で入力をするのかをお選びいただけます。

原本は調剤へ回すことで受付と同時に調剤が始まります。

コピーよりも安いランニングコスト

薬局によってはコピー機を使い運営されている場合もあります。
しかし、コピー約10円/枚に対して、プリントアウトした場合約0.8円~4円/枚とランニングコストは半分以下となります。
しかも、コンパクトなスキャナを使用しますのでコピー機のように設置場所に困りません。

受付時間が確認できる

スキャナを通した際の時刻がコンピューターの画面上に残りますので、 患者様をどの位お待たせしているのかが一目で確認いただけます。

また、チェーン店薬局様では処方箋を本部で一括管理することが可能です。

ワンタッチの簡単操作

操作はスキャナに処方箋をセットしてボタンを一つ押すだけの簡単操作。
カードの保険証も読み込めますのでコピー機としてもお使いいただけます。

調剤をフォローするコメント印字

受付時間が確認できます。
処方箋に記載されている患者コードを認識する事により、画面上もしくはプリントアウトさせる処方箋上に調剤の注意コメントを印刷する事が出来ます。
「○○薬は一包化除外で」「○○薬は別薬袋で」など、調剤時点で気を付ける内容を印字させます。印字の内容はレセコン内のコメント欄に入力している文章を引用するので、受付システム側での登録は必要ありません。※注1)

※注1)レセコンによってはコメントを出力できない場合があります。事前にお問い合わせください。

新患様には問診表を出力

今までに登録のない患者コードを認識した場合、新患様にご記入いただく問診表をプリントアウトさせる事が可能です。
問診表の内容は、各薬局様で編集が可能です。
ページの先頭へ