Windyは薬袋や在庫、調剤過誤防止システムなどの調剤薬局・医療機関向けのシステムを開発、販売するソフトメーカーです。

お問い合わせ:Windy 電話番号:092-417-1007
ダブル監査システム
ホーム製品紹介調剤薬局向けシステム > W監査システム
ダブル監査システムについて

高精度カメラで薬剤を認識

専用ボックスにセットされた高精度カメラが薬剤の端数までも認識。
レセコンから出力されたデータと照合するので調剤間違いと入力間違いを同時にチェック出来ます。

カメラで撮った画像はシステム内に保存

チェックを行った画像はシステム内に保存されます。
投薬の証拠として残せるため、渡し間違いなどの検証が可能です。

ヒアリハットの作成

照合結果は全て保存されるため、薬局のヒヤリハット作成が可能です。
これにより、今後の調剤業務で起こりうるミスを未然に防ぐ事が出来ます。

簡単操作で患者様の待ち時間も短縮

操作はいたってシンプル。いつも通り調剤を行い薬剤をセットするだけ。
薬種は内服(錠剤・カプセル・散薬)・外用を判断でき、6ワークで処理速度は約10秒。

薬剤の種類だけでなく総量もチェック

調剤した薬剤の合計重量もチェックしますので、数量の取り間違いも見逃しません。

導入コストも作業量も最小限に

調剤するスタッフが何人いても最小構成は1台で運用できます。
また、システムを導入する事で業務が煩雑になっていは意味がありません。
わずかな手数で大きな安全性が手にはいります。
ページの先頭へ
散薬監査システムの主な流れ

レセコンデータを受信

画像チェックの対象となるレセコンの処方データを受信します。
これから監査を行う患者様を選択してください。

薬剤を専用トレイにセット

集めた薬剤を専用トレイに並べて、監査ボックス内にセットします。
トレイに入らない大きな薬剤、水薬やプラ壺容器へ入れた軟膏剤、一包化した薬剤などには対応しておりません。
それら薬剤は、予め無効設定しておくことや、監査画面で無効にする事が可能です。

レセコンで一包化指示入力いただければ、一包化薬も自動で無効にできます。

画像、重量を同時にチェック

トレイをセットしたらワンタッチで監査実行。 処方入力のデータと照合します。
画像監査がOKだった場合、総重量チェックも同時に行います。ピッキングした数量に間違いがないかを確認します。
1回の監査は2秒程度です。
薬剤は重ならないように置くのが原則です。
トレイひとつで入りきらない場合は、複数のトレイに分け、画面の指示に従い、トレイをセットしてください。
重量チェックでNGが出たら、個別重量チェックも行えます。

監査完了

画像チェック、重量チェックが完了すれば調剤及び処方入力が一致したという事になります。 安心して患者様へ投薬が行えます。
最終監査は必ず薬剤師が行ってください。
ページの先頭へ
W監査システム ハード構成
サイズ 横(mm) 490
高さ(mm) 670
奥行(mm) 440
USBポート 前面2個 背面4個
LANポート 背面2個
ページの先頭へ