Windyは薬袋や在庫、調剤過誤防止システムなどの調剤薬局・医療機関向けのシステムを開発、販売するソフトメーカーです。

お問い合わせ:Windy 電話番号:092-417-1007
在庫管理システム
ホーム製品紹介病院向けシステム > 在庫管理システム(病院・診療所向け)
ORCA連動 在庫管理システムについて

棚卸しの補助ツールではない在庫管理システム

在庫管理システムは棚卸しをするための補助ツールだと思っていませんか?
現場では在庫切れを防ぐため、つい多めの発注をしてしまいがちです。
しかし、在庫の過多は資金繰り悪化や在庫処分時の雑損により業績悪化の原因となります。
過去を分析、未来を予測することで大幅に在庫削除が行えます。
今まで見えなかったコストダウンがそこにはあります。

処方データはリアルタイム更新

ORCAのデータベースと連動をしているので処方出庫のデータはリアルタイムで更新されます。
また、在庫管理システムとORCAのアプリケーションは別々に起動しているので、いつでも簡単に病院内の 現在庫が確認できます。

デッドストック該当薬品検索機能

「出庫後、入庫がありその後出庫されていない未開封薬品」
「長期間出庫されていない薬品」
「使用期限が近づいている薬品、切れている薬品」

これらに該当するものをデッドストックとして抽出します。

薬品の動きを簡単検索

当月を含む7ヶ月間の使用量を一覧で表示します。一覧にすることで、 月毎の使用推移や使っていない薬品を検索することができます。 また調べている薬品の詳しい履歴(入庫や処方の日付、取引先、病院名、患者名など)を 見ている画面から簡単に探っていくことができます。

Windy独自の発注機能

他社にはない独自の自動発注予測で、発注対象薬品を簡単に抽出できます。
発注点管理ではありません。

見積もり機能でコストダウンを徹底

問屋からの見積もりをエクセルファイル形式で簡単に取り込めます。
見積もり情報を取り込めば、

①最安値の問屋を抽出
②実納入価格(伝票価格)が見積り価格通りに仕入れされているかのチェック
③採用先問屋から入庫しているかのチェック

が簡単に行えます。
更に「見積り依頼」機能により次回見積もり作成をサポートいたします。

簡単入庫処理で運用効率をUP

一般的に在庫管理システムは難しいという印象をもたれている事が多いようです。
在庫管理システムを導入すると日常業務が煩雑になったり、業務効率が落ちてしまうのでは意味がありません。

Windyの在庫管理システムでは毎月更新されているMEDIS-DCのJANコードマスターをシステムに更新することで、 最新の包装状態を入庫入力に反映することができます。それより、在庫管理システムの運用を開始する際、 新しく薬品を採用しても、包装量、納入価などのマスター登録作業が不要です。
また、MEDICODE・KMS-NETの接続環境があれば、納品データ・発注データの取り込みが簡単に行えます。

廃棄薬品の管理と分析

廃棄薬品の処理は、通常出庫と別扱いにしています。 廃棄薬品だけの傾向を確認・印刷したり、 忘れがちな廃棄薬品の入力作業だけは薬剤師さんに行ってもらうなどの運用も可能です。
また、入力画面にコメント欄を設けていますので、廃棄理由をコメントし、ノートを付ける感覚で管理できます。
ページの先頭へ